Dnzhn9gI971K56u8Q_rSlkKqTr1UC1cS5yEHG8mF1iE 【すべらない話】すべったぶんだけ面白い話ができるようになる | 今日も幸せな看護師人生を!

【すべらない話】すべったぶんだけ面白い話ができるようになる

ビジネス本

本間正人先生の「すべらない話講座」

今日は岐阜県まで,本間正人先生による「すべらない話講座」に参加してきました.

 

NHKのビジネス英語講座やコーチング第一人者の講師の先生で,とてもお話が上手な先生でした.

そんな方の講演に行ってきた際のメモを今回まとめましたのでご紹介します.

 

 

導入 

  • 苦手意識がある=単なる練習不足
  • 先生の話し方の特徴
    • わかり易い言葉:テクニックの1つとして対比(AとB)
    • つかみがうまい:小ネタをたくさん持っている
    • ジェスチャー:ボディランゲージ
    • 早口と抑揚→テンポを変えていく
    • 具体例→小芝居:イメージが想像しやすい→映像が浮かぶ,話し内容が身近だった,リストアップ→空体語(抽象)だけで終わらない
    • すべったときには「すべった」と言う→共感が生まれる
    • パワーワード(造語)や毒(極端な意見)がある言葉を使うTake a message
    • 先生自身が楽しそう→親しみやすさがある,笑顔とえごえ(笑顔の声=笑声) 
    • オーディエンスを意識している→トピックの幅を持たせている
    • 視線をまく(アイコンタクト)
    • 自分のことに置き換える→Ownership(当事者意識)をもたせる
    • 引用・出典をいれる→クレジットを貯める
  • 日本語は本当に難しい,場数を踏んだぶんだけ上手くなれる,食わず嫌いはNG
  • 「失敗しないように,滑らないように」すると逆に上手くいかない
  • 失敗→未成功(pre successという言葉に変換する
  • アクティブリスニングの3要素:あいづち,うなずき,繰り返し
  • 「話を聞かない男,地図がよめない女」.女性=共感欲求 vs 男性=有能性の証明(優越性の欲求)
  • 20世紀教育の有能性:正解が決まっている問題に対する力を育まされた→その正解が早く答えれば早いほどいいという洗脳→相談のってもらっても「これすればいいじゃん」って言ってしまう→21世紀はAIの力に奪われていく→先生(Dr,弁護士)と呼ばれている人はAIに奪われていく
  • 21世紀の有能性(AIにはできないこと)
    1. 人間関係
    2. 感動(ストーリーテラー)→発見(意味)
    3. 0→1創造力
    4. 主体的なチャレンジ

 

第2部

  • カメラを向けられると途端に緊張する→逆に緊張しなくすることも可能
  • 緊張→脳と心臓に血液が集まる→末梢の血管は閉じる→緊張をほぐすためには逆に末梢を温めてみるとリラックスできる
  • 見られると緊張する→自分から相手を見ると緊張しない.自分が観察する立場に回る.
  • 命令では人は動かない・修正できない.うまく質問する(コーチング)ことで行動変容を促せる
  • 自分の自己紹介についてのGood & Better
    −Good 声が聞こえやすい,笑顔がある,
    −Better 上をたくさん見ていて緊張が伝わる,手がまごまごしている,左を向きがち,えーといいがち,頭が真っ白になっちゃう,良いこと言おうとしちゃいがち

 

第3部

  • ストレス発散・解消の方法:
    1. 全体性の回復(Whole) →healing, health
    2. カタルシス(浄化)
    3. 非日常性
    4. 創作活動
    5. 洞窟願望
  • ストレスとは:自律神経の中でも交感神経優位の状態.副交感神経を優位にするためには「息を吐く」.
    呼吸をコントロールすることで自律神経をコントロールする.深呼吸の原則は①吐いて②吸う
  • ダイアログ(dialogue,ロゴス):
    1. 聴きあう
    2. 否定しない(安心・安全で話せない)
    3. 多様性を楽しむ
    4. 自分の意見を言う
  • パワーワード(刺さる言葉)を考えてみる
  • 滑らない話→共通性がある話をする,遠慮なく場数を踏む,
  • Good Newsの循環を図ると,社会が明るくなる
  • 「場数を踏む,我田引水力,アウェーで勝負しない」

 

まとめ

 

学んだこととしては,

  1. たくさんの場数を踏むこと 
  2. 楽しそうに話すこと 
  3. Good & Betterで振り返る

ことから始めてみようと思います.

 

看護の学会に行くと,多くの方はお経を読むかのごとく発表している人が多いですが,それだけではやっぱり人の心は動きません.

これから多くのことがAIに代替されていくであろう社会において,単なる事柄についてストーリーをつけて感動させれるような人ににあること:ストーリーテラーになることが,看護師業界においても重要だと思いました.

 

本間先生はコーチングの第一人者でもあるので,マネジメントを学ぶときにも参考にしたいと思いました.

また本を買って読んだら紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました