Dnzhn9gI971K56u8Q_rSlkKqTr1UC1cS5yEHG8mF1iE 【チーズはどこへ消えた?】小人とねずみに学ぶ,自分の看護師人生の変え方 | 今日も幸せな看護師人生を!

【チーズはどこへ消えた?】小人とねずみに学ぶ,自分の看護師人生の変え方

ビジネス本

自分の人生は自分しか変えられない

 

今日紹介するのは,全世界で約2800万人に読みつがれたビジネス本「チーズはどこへ消えた?」をご紹介します.

 

 

 

 

看護師は誰しも,「今のブラック病棟を辞めたい...」と思っていても,中々その一歩が踏み出せない人達が多いと思います..

人類は昔,コミュニティーから出ていってしまうと動物たちに襲われてしまうので,生きるためにできるだけ荒波立てず,そのコミュニティーに居れるような努力をすることが本能的に備わっています

現代では,そんな動物たちからの恐怖はなくなりましたが,今のコミュニティーから外に出るという恐怖は人間の心に残っているため,形を変えて今,私達のブラック病棟からの転職を妨げてしまう原因になってしまっています.

 

 

「変化に対する恐怖」が無くなったらあなたは何をしますか?

 

このビジネス本は「1時間で読めて,10年間役に立つ」と謳っている本です!

これから新生活を迎える看護学生の皆様,もしくは転職をする・転職をしようと考えている看護師に読んで欲しい記事となっています!

 

 

 

ストーリー内容

 

登場人物は

  • 小人のヘムとホー
  • ネズミのスニフとスカリー

が大好きなチーズをみつけるために,迷路でチーズを探していた.

 

そんな中チーズステーションCで大量のチーズを見つけ,毎日大好きなチーズを食べていた

しかし,いつしかチーズは全部なくなっていた.

 

新たなチーズを見つけるためにネズミのスニフとスカリーは迷路に旅立ちます.

そんな中二人の小人はパニック!小人が出した決断は「現状維持」→いずれチーズは戻ってくるだろう

待っても待っても状況は変わらないので,小人のホーはチーズを探しに行くことを決意→「行動しなければチーズは手に入らない!

臆病な小人ヘムは「チーズが見つからなかったらどうするの?」→小人ホー「チーズは待っても戻ってこない,人生は進んでいく,俺たちも進まなきゃ」

 

迷路に旅出た小人ホーはぶつかった壁は「恐怖」.一歩前に出ると何が起こるかわからないという暗闇と危険による恐怖が待ち受けていた.

小人ホーは そんな自分を客観視すると,「恐怖のせいで自分は悪い方に考えてしまっているんだ.恐怖がなかったら自分はどうするだろうか?」

そんな恐怖に打ち勝ち行動した結果,ホーは「恐怖を乗り越えると楽な気持ちになる.一番怖いのは何が起こるのかを想像している時.行動さえしてみればそんな恐怖は存在しない」

 

行動した小人ホーは新しいチーズステーションを見つけるも,そこはすでに空っぽ→「古いチーズに見切りをつければそれだけ早く新しいチーズが見つかる.」

そんな小人ホーは「なんではやく動かなかったんだ」と後悔すること無く,すぐさま行動!

するとまた新たにチーズステーションNを見つけることができた小人ホー.そこにはすでにネズミのスニフとスカリーがいました.

そして小人ホーは最後に「変化バンザイ!」と.

 

 

 

「変化」について

この本の抜粋です.

変化は起きる→チーズは常に持っていかれて,消える

変化を予期せよ→チーズが消えることに備えよ

変化を探知せよ→常にチーズの匂いを嗅いでいれば,古くなったのに気づく

変化に素早く対応せよ→古いチーズを早くに諦めれば,それだけ早く新しいチーズを楽しむことが出来る

変わろう→チーズとともに前進しよう

変化を楽しもう→冒険を十分に味わい,新たしいチーズの味を楽しもう

進んで素早く変わり,再びそれを楽しもう→チーズは常に持っていかれる

 

 

 

この本からの学び

 

自分がこの本と出会ったのは,前の職場を辞めてからでした.もう少し早く見つければ!と思いました.

というのも,退職を決めて,看護師長に申し出る前の気持ちは,「無視されたり,裏切り者扱いされるんじゃないか」という「恐怖」に直面したので,本当に人生で一番ストレスがかかった期間でした.

自分は転職先を決めてから,退職を申し出たので,看護師長に「もう言うしか無い状況」を自分から作り出したんですが,「恐怖」はずっとありました.

ただ,退職を申し出てからの一ヶ月間は,どう思われていたかはわかりませんが,今までのどおりに周りは接してくれたので,実際に想像した「恐怖」はやって来ませんでした.

 

この本で書いてあったとおりのことが,現実では起きるんだなと.

 

そして,そんな恐怖という壁を乗り越え,転職するという迷路に踏みでた自分が,今充実した看護師人生を送れているということは,新たなチーズステーションである職場を見つけることができたということですね!

 

 

 

まとめ

 

やっぱり,この本のキーワードとしては「変化」ですね!

「変化に対する恐怖」から「現状維持を求める気持ち」は,始めに述べたとおり人間の本能的にも,仕方ないものだと思います.

しかし現代では「変化」することで,死ぬということは絶対にありません.

 

この物語を自分の人生で置き換えてみた時,あなたはどのキャラクターの人生を歩みたいですか?

そして,あなたが転職という一歩を妨げているものは何でしょうか?

「恐怖」という言葉が思いつく看護師は,ぜひとも新たなチーズステーション(ナースステーション)を見つける迷路に旅出てほしいと思います!

 

 

まとめ動画もたくさん出ているので,こちらも参考にしてみてください.

【18分で解説】チーズはどこへ消えた?|変化がどうしても怖いあなたに

 

最後までありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました