Dnzhn9gI971K56u8Q_rSlkKqTr1UC1cS5yEHG8mF1iE 米グーグルがリーダーを評価するための「従業員への13の質問」 | 今日も幸せな看護師人生を!

米グーグルがリーダーを評価するための「従業員への13の質問」

ニュース

リーダーに求められう姿って?

 

今回も気になったニュースを取り上げていきます。

この記事ではリーダーについてまとめていきます。

米Googleがリーダーを評価するための「従業員への13の質問」

 

今まで上司に評価してもらっていたことはありましたが、新人である私達が上司を評価することってなかなかないと思います。

そんな評価をGoogleではやっているということで、その13の質問項目をこの記事では取り上げています。

これを読むことでGoogleにおける理想のリーダーとは?ということが見えてくるのではないかと思います。

 

 

 

13の質問内容

 

  1. 上司は私がパフォーマンスを向上させるために、今すぐ実行できることをアドバイスしてくれる:いかに従業員をやる気を出させるなど実用的なアドバイスができるかどうかが重要。
  2. 上司は「マイクロマネージ」するタイプだ(他の誰かが対応すべきことまで口を出す):マイクロマネジメントはチームに対する信頼感の欠如を示している。チームを任せることで力を得て、成長することができる。
  3. 上司は人としての私に配慮してくれる:礼儀と敬意を欠けばチームパフォーマンスは低下し、緊張感が高まる重要なのは人を優先すること。自分が大切にされていると感じることで繋がりを深めることができる
  4. 司の態度から、考えが違う場合でも私の意見を大切にしてくれていることがわかる:新しい意見を歓迎することは「認め、評価する」文化を作る。新しい意見は新しい発想につながり、新たな取り組みを生み出すことにもつながる。
  5. チームは上司のおかげで、常に優先すべき結果や成果物に集中できる:成果が出ていないときに従業員だけが避難されることが多すぎる。重視は重視すべき価値観を明確に示し、チームが成長できるシステムを作り出す必要がある。
  6. 上司は自分の上司や幹部から得た情報のうち、私達が知っておくべき情報を共有してくれる:情報を独り占めしてはいけない。同僚たちも共に成長できるよう、知識を分け合うことが重要。
  7. 過去6ヶ月の間に、キャリアアップについて上司と有意義な話し合いをする機会があった:部下のキャリアアップ・成長尾支援する必要がある、それは上司にとって役立つことであり、部下にやる気を出させる事があると同時に、皆にとって利益になることなのだ。
  8. 上司はチームが掲げるべき目標を明確に示してくれる:上司は部下に明確に目標を伝え、達成のための方法を示す必要がある。
  9. 上司は部下を統率するために必要な専門知識がある:部下が上司にはできない仕事をしているということは無いか?リーダーは誰かに頼む仕事を、自分もできるようになっておかないといけない。
  10. チームのメンバー意外に推薦できる上司である:これは単にあなたの上司を認めるか、否定するかという話ではない。これは信頼感とコミュニティーの問題だ。
  11. 上司は全般的に満足している:自らの責任において、上司へのリーダーシップと管理スキルを評価する機会である。
  12. 上司に続けてもらいたいことは?:部下の長所を引き出し、最善のパフォーマンスをさらに強固にする優れたリーダーシップを今後も発揮してほしいと伝える機会となる。
  13. 上司に変えてもらいたいことは?:チームの全身といい結果を出すことの妨げになっている悪い習慣や行動を改めてほしいと伝える機会となる。

 

 

まとめ

 

従業員がリーダーを評価するっていうのは、敬語がないアメリカらしい考え方ですね!

やっぱりリーダーとしての素質だけではなく、人としてのあり方も評価される内容が入っていたことが印象的でした。
まあ後は、今の自分のリーダーを他の人に推薦できるかってのは、面白い考え方ですね。

いかに従業員にやる気を出させて、ハイパフォーマンスなチーム作りができるか。

それがリーダーには求められていると思うので、全てはそこにつながってくるような関わり方や、フィードバックをしていかないといけないですね。

 

 

 

最期まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました