Dnzhn9gI971K56u8Q_rSlkKqTr1UC1cS5yEHG8mF1iE 【速報】何故かいつも上から目線でくる看護師の残念すぎる正体 | 今日も幸せな看護師人生を!

【速報】何故かいつも上から目線でくる看護師の残念すぎる正体

YouTube

上から目線の人が多い看護師業界

 

さて,今回のテーマは短めに書こうと思いますが,「上から目線の人の本当の正体とは?」です.

これはメンタリストDaiGoさんの動画で紹介されている内容です.

なぜかいつも上から目線の人の残念すぎる正体

 

 

この「上から目線の人」っていうのは,どこの会社で働いていても出会う人だと思いますが,看護師業界も例外ではないと思います.

いや,むしろそんな上から目線看護師のほうが現場には多かったりするのかもしれません.

 

「これ,午前中にも同じこと言ったよね?」

「他の人はできているのに,なんでできないの?」

「あの患者さん絶対〇〇な人よね?」

 

ゴシップや悪口が大好きな看護師が多いので,どうしてもそーゆーことが好きな人達は上から目線で人の噂話をしている気がしていました.

「そんな上から目線の人たちの本当の正体がわかった!」とのことで,あの人たちの正体がわかれば,自分たちも対応や接し方がわかると思うので,新人の看護師さんや先輩看護師との関係に悩んでいる人達に読んでいただきたいと思います.

 

 

上から目線の人の本当の正体

 

  • 看護師だけでなく,患者,医師,お客様,人と接する場所に行けば受けから目線の人たちはどこにでもいる.
    そんな人達の本当の正体

簡単なことだけこなして,仕事ができると勘違いし,優越感に慕っているバカ

 

  • ワシントン州立大学の研究の研究でわかったこと:
    自分の能力が変えられないと思っている人たち(硬直マインドセット)は,上から目線になる傾向があった.
    上から目線になる理由
    能力は変えられないと思っている(硬直マインドセット)→自信がない・無理をしたくない・失敗したくない→努力しない→簡単で時間がかからないタスク,リスクのないタスクしかしない→失敗しないと仕事ができるんじゃないかと勘違い・錯覚する→上から目線になる.
    とDaiGoさんは考察しています.

  • 人間は知らないことを避ける習性があるので,新しいことにチャレンジすることはできるだけ回避する生き物.
    なので努力しなかったり,失敗を避けるようになると上から目線は誰にでもなりうる可能性があり,注意しなければならない.
  • 「上から目線になるのは,努力してないから,自分に自信がないから.自分の能力への可能性のあきらめ(不信感),かわいそうにと思っていいです」
    →勉強しないから足元をすくわれる可能性あり.
  • 自信過剰な人は,自分が何が弱点で,何をすべきで,何を知らないかに目を向けていない,現実逃避している.
  • そして他人の失敗を喜ぶ人たち,上から目線の人たちとの関わりはスルーする,他人を引きずり下ろして相対的に自分がその人よりも上にいるかのように勘違いしている

     

 

  • 逆に,能力が固定化されているということを考えない,成長マインドセット(自分はまだまだ成長できるという感覚)を持つと,学習効率が向上する.
  • 硬直マインドセットの逆の”成長マインドセット”が大切!
    →自分の可能性・成長ができると思っている→リスクを取る,努力する(向上心)→成長できる→成長の過程でたくさんの失敗をしてきており,失敗する人の気持ちに共感できる→上から目線じゃなくなる!?
  • やっぱり本当に仕事ができる人は,上から目線になることはないですし,そんな人達こそが信頼すべき看護師像になるってことですね.

 

まとめ

 

人間関係は人生の幸福度や寿命を決める最大の要因でもあり,「すべての悩みの原因は対人関係にある」とさえアドラーは言っています.

自分と合わない人,上から目線で看護師としてよりもいち人間としてそれはどうなんだ,と思う看護師はこの世にたくさん,いやむしろそのような人たちのほうがたくさんいると思います.

少しでも自分の人生を豊かにするために,看護師との付き合い方,というよりも人間同士の関わり方についてこの記事が一参考になればいいと思います.

 

他にも人間関係についての記事を書いているので読んでみてください!

今回は簡単ではありますが,最後まで読んでいただきたありがとうございました.

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました