Dnzhn9gI971K56u8Q_rSlkKqTr1UC1cS5yEHG8mF1iE 【Week 13】2020. 01/20 ~ 01/26 (キャリアラダーI)「もしバナカードを使ったACP.死に方を考えることは今の生き方を考えることだ.」 | 今日も幸せな看護師人生を!

【Week 13】2020. 01/20 ~ 01/26 (キャリアラダーI)「もしバナカードを使ったACP.死に方を考えることは今の生き方を考えることだ.」

看護の日々
01/20 (Mon) 勤務

【一日の出来事】

  • 単独訪問4件
  • 緊急訪問1件

【学び】

  • 臥床患者の寝衣交換①→上手くやらないとしんどいよね
  • 下痢について:嘔吐から下痢ならウイルス性胃腸炎,脱水に注意.下痢から嘔吐の順番なら何かがおかしく緊急性も高くなるので注意.下痢+●●がなにか.下痢の詳細な形状,回数,色と量を確認する.
  • リンデロン軟膏,ヒルドイドローションなどの軟膏の種類:リンデロンはストロイドで抗炎症作用・皮疹や細菌感染の可能性がある疾患に使用する.ヒルドイドは保湿作用と血行促進.

【課題】

  • 緊急訪問時の対応→介護保険の場合は緊急訪問によって点数が増えるのでケアマネに報告しないといけない.

 

01/21 (Tue) 勤務

【一日の出来事】

  • 単独訪問3件
  • 同行訪問2件

【学び】

  • 臥床患者の寝衣交換②
  • 心不全の管理:難しいから何回も復習しよう.
  • ACPについて考える:もしバナカードを使って「残り半年の余命.あなたは何を大切に生きますか?」

【課題】

  • 自分の死に方を考えるということは,今この瞬間のあり方を考えるということ.ACPについて学ばないとね.

 

01/22 (Wed) 勤務

【一日の出来事】

  • 同行訪問2件
  • 単独訪問1件
  • ランチミーティング:症例検討会,人材採用

【学び】

  • CVポート交換2回目:次までに手順の振り返りと,ポートトラブルとして何が考えられるか.CVポート感染は非常に多い.
  • 症例検討:「その人らしく生きることを考える」今回の症例ではウロバッグだけではなくレッグバッグがあることを学んだ.

【課題】

  • 来週自分も症例検討.まとめておく.
  • 今人材採用が自分の店舗で喫緊の問題.看護師を集めるための作戦を考えないといけない.今の自分がやれることはブログを書くことと,会社のインスタグラムを投稿すること.

 

01/23 (Thu) 勤務

【一日の出来事】

  • 同行訪問3件
  • 単独訪問2件

【学び】

  • 皮膚掻痒感について:原因としてはかゆみの閾値の低下,起痒物質の増加.皮膚掻痒症(発疹がない掻痒感)は,皮膚の乾燥が強く関連していることが多い.介入できることとしては皮膚の乾燥予防,刺激物の除去,皮膚損傷・2次感染の予防.
  • レストレスレッグ症候群
  • 貧血について
  • 抗ヒスタミン薬:神経伝達物質死スタミンの働きを抑えることでアレルギー反応を抑え,蕁麻疹,花粉症,喘息なろによる皮膚の腫れやかゆみ,鼻詰まり,咳などの症状緩和.
  • β遮断薬について

【課題】

  • 掻痒感に悩んでいる高齢者は多い.適切な対応と処置,二次感染を防げるような関わりを.

 

01/24 (Fri) 休み
01/25 (Sat) 休み
01/26 (Sun) 勤務

【一日の出来事】

  • 単独訪問5件

【学び】

  • 肺水腫について:胸水との違いは,胸水は二枚で覆われた胸膜(壁側胸膜と臓側胸膜)があり,その間に水がたまると胸水と診断される.胸水は胸膜の潤滑油として壁側胸膜から少量産生され,臓側胸膜で吸収されるが,感染や心不全などが原因でそのバランスが破綻すると胸水が溜まってしまう.
    肺水腫はガス交換を行う肺胞からにじみ出た液体によってうまく呼吸が行えなくなること.心原性肺水腫(心不全等)と非心原性肺水腫(肺胞壁が病的変化により脆くなり,そこからにじみ出ており敗血症・重症肺炎・重症外傷)がある.
  • COPDについて:慢性閉塞性肺疾患で,慢性気管支炎と肺気腫.慢性気管支炎は炎症反応の長期化により粘膜が肥厚し気管支がせまくなってしまう,肺気腫は肺胞壁が破壊されて肺の弾力性(コンプライアンスを失った状態)
  • 健康でなくてもいいんですよ

【課題】

  • 健康とは何か,たしかに褥瘡を治すことは大切だけれども,本人はそれを望んでいるのか?死ぬことは悪いことなのか?褥瘡を治すことに意欲的ではない本人と,治したい周りの人たち.もちろん治療することが倫理的な気はするけれども,,,,.そこに本人の意思を感じることができないのでモヤモヤ.自分の価値観・看護観を整理しないとね.

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました