Dnzhn9gI971K56u8Q_rSlkKqTr1UC1cS5yEHG8mF1iE 【Week 29】2020. 05/11 ~ 05/17 (キャリアラダーI)「人生はじめてのグリーフケア。予期悲嘆の段階での"準備"の大切さを学びました。」 | 今日も幸せな看護師人生を!

【Week 29】2020. 05/11 ~ 05/17 (キャリアラダーI)「人生はじめてのグリーフケア。予期悲嘆の段階での”準備”の大切さを学びました。」

看護の日々
05/11 (Mon) 勤務

【一日の出来事】

  • 訪問4件

【学び】

  • グリーフケアとは?:「喪失と立ち直り」に揺れ動く残された人たちが、正常なグリーフ(悲嘆)プロセスをたどることができるようなサポートをしていく。
  • 往診と訪問診療の違い:訪問診療は「計画的な医療サービス」で定期的に家に診療に行くこと。往診は「通院できない人の要請を受けてその都度診療を行うこと」。突発的な病状の変化があった人の家に行って診察をすること。基本的には困ったときの臨時の手段。

 

05/12 (Tue) 勤務

【一日の出来事】

  • 訪問5件

【学び】

  • 褥瘡管理について復習:「外力がかかることで骨によって圧迫された組織が傷害された状態が褥瘡」
    おしりや褥瘡好発部位にあるびらん全部が褥瘡ではない。圧迫で循環障害→組織障害が起きている状態のこと。
  • 蜂窩織炎:皮膚とその下の皮下脂肪にかけて菌が入り込み、感染する皮膚の感染症。皮膚が赤く腫れて、熱を帯びる場合もある。患部を触ると痛みがあり、発熱などの全身症状が出る人もいる。症状が軽かったら内服での治療、重くなったら点滴抗生剤で治療する場合もある。
05/13 (Wed) 勤務

【一日の出来事】

  • 訪問4件
  • 症例検討:グリーフケア

【学び】

  • グリーフケアの大切さ:ランチミーティングで話し合ったグリーフケア。すべての人が必要ではないし、継続的なグリーフケアが必要な人とそうでない人がいる。見極め方は予期悲嘆によって大切な人がなくなることへの準備(覚悟)ができている人とそうでない人、死別した後「役割の再獲得」をしその人が居ない生活を過ごしていける人塗装でない人などがありそう。
  • がんとは:悪性腫瘍。細胞内の遺伝子異常→がんCNsが今後勉強会を開いてくれそう。

 

05/14 (Thu) 勤務

【一日の出来事】

  • 訪問5件

【学び】

  • 強皮症について:免疫異常など、複雑な要因が絡み合って発症し、皮膚や内臓が固くなる病気。おそらく血管障害、線維化、自己免疫が原因。症状はレイノー現象が特徴的で、時間の経過とともに手指から徐々に全身の臓器に固くなる病状が現れ、肺では肺高血圧症や間質性肺炎を発症する場合がある。
    レイノー現象が生じた時は、血行を良くする血管拡張薬や手袋などで保温に務める。
  • SOAPの書き方:日々の記録の質を上げるために。もう少し他にも情報収集してみます。

 

05/16 (Fri) 休み
05/17 (Sat) 休み
05/18 (Sun) 勤務

【一日の出来事】

  • 訪問4件

【学び】

  • アンプタの管理
  • 褥瘡処置:泡洗浄って必要ですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました